前へ
次へ

法律を扱う弁護士の現状はどうか

私はかつて法律家になるために司法試験を受験していたことがあります。
ご存知かもしれませんが、司法試験は非常に狭き門で私が受験していた頃はまだ合格率も非常に低く4パーセントぐらいだったと思います。
残念ながら私は合格者の中に入ることは出来ませんでしたが私の仲間には合格した人がいました。
かなり頭が良く合格したのもうなずけます。
結局6年ほど試験に取り組みましたが、あきらめて就職することにしました。
それから5年ほど経過した頃、合格した人の名前をインターネットで調べてみると弁護士をしており自分の事務所を持っていました。
それを見たときに不合格者の冴えない私とは比較をすることが出来ないぐらいの差がついていたことがわかります。
その時はすでに新司法試験が導入され弁護士の数も爆発的に増えていた頃です。
それから10年ほどして再びそのホームページを見たところ事務所を閉鎖してしまったようでその弁護士の姿を確認することは出来ませんでした。

Cloudbricの導入コストを抑えたセキュリティ
コスト削減に貢献するセキュリティ会社はCloudbric

液体窒素で配管内の水をストップ!
部分的に凍らせるので時間もスピーディー

https://jimanni.jp/
茨城県でデザイン会社を探しているならこちらへ

Page Top