前へ
次へ

自動車トラブル後の警察への届け出

市民の生活を守る役割を担っているのが警察でしょう。
公務員に該当し、一定の試験に合格して一定の訓練などを受けた人が日々業務を行っています。
何か問題がないかパトロールをするときもあるでしょうし、何か問題があったときにはその現場に駆けつけて必要な手続きをしてくれます。
交通トラブルが起きた時、必ず行わないといけないのが警察への届け出です。
近くに交番がない時にはどうするかですが、電話で110番をすれば来てもらえます。
交通トラブルには人がけがをしたりする人身か物損かがあります。
同じ交通トラブルでも人身か物損かでは大きく内容が異なります。
人がけがをしたり亡くなったりするとき、自動車運転処罰法違反になる可能性があります。
警察はそのための捜査が必要になり、後で色々聞かれる可能性があります。
一方自動車や建築物などが破損したのであれば、犯罪とは別の手続きになります。
現場検証などはあまり細かく行われない可能性があります。

Page Top